ツルヤ

ツルヤのコーヒー、オリジナルブレンド〈深煎り〉正直なめてました…

更新日:

The following two tabs change content below.
コーヒーブロガーひろ
コーヒーを飲めなかった僕が焙煎をするまでハマった危険すぎるコーヒーの魅力を紹介する「every coffee」というブログを書いています。一緒においしいコーヒーに出合う旅にでかけましょう。

はじめまして「every coffee」というコーヒーブログのひろといいます。ながのーと。さんからツルヤさんで売っているコーヒーをマニアの目線で紹介して欲しいと依頼を受け、おじゃまします。

で、今回ご紹介する商品は、丸山珈琲の「ツルヤオリジナルブレンド〈深煎り〉」です。
丸山珈琲がツルヤさんだけに卸しているオリジナル商品になります。丸山珈琲さんの名前は聞いたことがありますが、飲むのは初めてなので、どんな味か楽しみです。

 

丸山珈琲とは

軽井沢を中心に9店舗を展開するコーヒー専門店です。

創業者の丸山 健太郎さんはコーヒーの国際品評会の国際審査員でもあり、独自のルートで直接買い付けた個性豊かな世界各地の高品質コーヒーを販売されています。

鮮度がいい

コーヒーの鮮度って何?」と思われるかもしれませんが、コーヒーは生豆を焼く焙煎した日から長くなると、香りと味がなくなっていきます。

送っていただいた商品は袋がパンパンに膨らんでいました。袋が膨らむのは、コーヒーを焙煎してから日が経ってない証拠です。ガスで破裂しないように中の空気だけを外に出すバブルがついているので、膨らんでいなくても新しい場合もあります。

賞味期限はおそらく焙煎した日から3か月ぐらいに設定してあると思います。焙煎して3ヶ月以内のコーヒーがスーパーに置いてあるなんて見たことがないです。

めちゃめちゃウマい

香ばしくていい香りです。香りが抜けていませんね。味は、最初においしい苦味がきて、酸味がほんの少し、甘味がほんの少し、深煎りの香ばしくコクのある味なのに後味すっきり。少し冷まして飲むと、よりおいしい味がはっきりします。

「深煎り」はステーキでいうとウェルダン、よく焼いた状態ですね。セブンイレブンのコーヒーは深煎りです。一般的な深煎りのコーヒーの特徴は苦味が強く、チョコレートのような甘味が出ることです。しかし焙煎が下手だとおいしくない苦味になり、焙煎が古いと後味が悪く、胃にもたれるようになります。

これは久しぶりに飲んだお手本のようなコーヒーです。すばらしい。老舗の自家焙煎店のコーヒーでたまに感じる本物の味です。さすがプロっすね。

 

スーパーで買えるなんてありえない

はっきり言ってスーパーで買えるレベルのコーヒーではないです。ありえないです。「スーパーで売ってるコーヒー?」聞いたときは正直なめてました。

というのも、有名なコーヒー店の名前がついていてもスーパーで売っているコーヒーって、焙煎から日が経っていて味も香りも抜けているものが多いからです。

もっとひどいと、安くするために悪い豆や欠点豆も入っていて、重さをかせぐような商品もあります。開封してみればわかるのですが、こんなにきれいなんですよ。

私は九州に住んでいるので、スーパーでこんなにうまいコーヒーが100g399円(税抜)この値段で買えるなんて、ものすごくうらやましい。

長野いいなあ。この鮮度で、この味で、この品質のコーヒーをスーパーが売っている、ありえないです。「ツルヤすげえ!!」長野に行く機会があったらツルヤで絶対買うわ!

コーヒーマニアが「これはお買い得ですよ!」と断言します。豆を挽いた粉タイプもあるので、コーヒーを飲まれる方はツルヤさんでぜひ手にしてくださいね。







-ツルヤ
-

Copyright© ながのーと。 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.